パラダイムトレーダーFXで稼いだ実践者 初心者が「出社拒否」して「自由」を勝ち取ったKさんの秘密

このエントリーをはてなブックマークに追加

「出社拒否」して「自由」を勝ち取ったKさんの秘密

「はあ、、まだ火曜日か、、、」


眠い目と重い身体を起こして、
やかましく鳴り響く目覚まし時計を
止めながら、Kさんはうなだれた。


のそのそと身体を起こして、
身支度をして、家を出る。


最近はぐずついた天気が続く。

ただでさえ憂うつな気分に、
暗い空模様はさらに追い討ちをかける。


満員電車に揺られながら、
隣のオッさんの体臭が鼻につき、
不快指数はMAXになろうとしていた。


40分の満員電車に揺られ、
出社時刻ギリギリで出社。


今日も1日が始まる。


「ああ、ダルい」
「めんどくさい」
「仕事したくない」
「帰りたい」


仕事をしながらも、
常にネガティブな単語が
脳裏をかすめる。


奥の席では頭の固いバカ上司が、
何か言ってるのが聞こえた。


あいつはいちいち俺たちが
やることにケチをつける。


言ってることは的外れだし、
正直さっさと左遷されるかして
どこかにいなくなってほしい。


あいつが視界に入るだけで
気分が悪くなる。


そうこうしているうちに
やっと昼休み。


社会人になった頃は、
いつかはこんな生活にも
慣れるもんだと思っていた。


でも、何年経っても、
月曜日は憂うつだし、
土日が待ち遠しくてしょうがない。


「こんな生活、
 いつまで続くんだろ、、」


注文した定食が運ばれるまでの間、
適当にスマホをいじっていたとき、
ふとこのページが目に飛び込んできた。

▼Kさんに訪れた人生の転機▼

    

【利益50万円保証】パラダイムトレーダーFX


「なんだこれ?未来予言システム?」

「実践者全員が30日以内に
 月収50万円楽々達成?!
 なんじゃそりゃ!!」


大げさなことが書かれた
ページに面食らったKさん。


しかし、ちょうど食事が
運ばれてきたので、その時は
そのままスマホを閉じた。


食事を終え、午後の業務に戻り、
残業を終えて退社したのが、
その日の20時過ぎ。


帰りの電車でふと昼に見た
ページが気になり、閲覧履歴を
辿り、そのページに戻ってきた。


「なんだこのページ、、、
 言ってることヤバすぎ」


最初は眉をしかめていたKさん。


しかし、そこに書かれたことは、
どれもその時のKさんの心に
刺さりすぎていた。


「もしこれが本当ならな、
 あんな会社すぐにでも
 辞めてやるんだけどな」


そうして下の方まで見ていく中、
Kさんはある言葉を目にします。


「ん?、、50万円すら
 稼げなかったら、全額返金??

 マジ!?本当にダメなら、
 俺なら本気で請求するけどいいの?」


最初は美味しいことばかり並べて、
最後には金をだまし取られるのかと
思っていたKさん。


しかし、その言葉を見て、
「それなら」ということで、
請求する気マンマンで購入ボタンを押した。


「ダメだったら、絶対に金は
 取り替えさせてもらうからな」

「それでも返さなかったら、
 出るとこ出てやる」


そんなよこしまな気持ちで
購入ボタンを押したKさんに、
その3ヶ月後の出来事は
まるで予期せぬ事態だったに
違いない。


3ヶ月後。


いつものように会社に出社した
Kさんの表情は、とても晴れやかだった。


出社するとまっすぐ上司の
デスクに向かった。


Kさんの上司は何事かと
驚いていたが、直後にKさんは
カバンから種類を出して
上司の机に勢いよく叩きつけた。


「今までお世話になりました。

 一身上の都合により
 退社させて頂きます」


Kさん以外の人にとって、
それはあまりに唐突な出来事だった。


普段は威勢のいい上司が、
この時は慌てふためいて
いたのが、Kさんにはとても
滑稽で、何より快感だった。


その上司は、何とか話を
先延ばしにしようとしたが、
Kさんの固い意志は微動だに
しなかった。


3ヶ月前、購入ボタンを
押した後のKさんに起きた
変化は凄まじかった。


送られてきたマニュアル通りに、
何も考えずに適当に作業をしていたKさん。


それもそのはず、Kさんは
その時点でも「返金請求」を
する気だったので、やる気は
全くなかったからだ。


しかし、「自分で考えない」のが
かえって功を奏した。


報酬はみるみるうちに
積み上がり、結局


1ヶ月目:約31万円
2ヶ月目:約43万円
3ヶ月目:約65万円


と、「嬉しい誤算」が
立て続けて起きてしまった。


「・・・うそでしょ?」


最初は言葉を失っていた
Kさんだったが、直後に
歓喜で震え上がっていた。


「・・・もう会社行かなくていいか」


あっさりとそう決断して、
そのまま辞表の書き方を
ネットで検索して、次の日
そのまま会社に持参した。


結局、そのまますんなりと
会社を辞めてしまったKさん。


オフィスを出たKさんは、
空を見上げながらこうつぶやいた。


「・・・俺はもう自由だ」

「もう会社なんか行くか!
 
 俺は生きたいように生きるんだ!」


大きくガッツポーズしたKさんは、
まるで脱獄した囚人のように、
開放感に打ちひしがれた。


▼Kさんを「脱獄」させたページ▼


【利益50万円保証】パラダイムトレーダーFX

パラダイムトレーダーFXで
稼いだ実践者 初心者が「
出社拒否」して「自由」を
勝ち取ったKさんの秘密
公式案内サイトへ

リンク集

まとめ

Twitterまとめ